自分で大阪での会社設立

投稿者:

会社法の改正や合同会社が設立できるようになったことなど、起業を取り巻く敷居が低くなりつつあります。
そのため個人事業者であっても起業を行うことがしやすくなっています。
ご自身で会社設立を一から手続きを行うことはなんといっても、自分の会社だからすべて自分の手で行いたいという方にぴったりです。
大阪でこれから自分で会社設立を行う場合どのように行っていけばよいのでしょうか。

大阪で会社設立を行う際に、大まかにわけて2つの手続きが必要です。
公証役場にご自身の会社の定款を作成し提出すること、そして登記申請書を大阪の各地区の法務局に提出し申請することになります。
これらが完了することで法人化が認められること、つまり会社の設立が完了するということになります。
この2つだけ行えば良いのですが、細かいことも含めて着実に進めていくことが大切です。
初めての会社設立の場合、個人が一人で行うと約1ヶ月から2ヶ月はかかることもあらかじめ踏まえておきましょう。
東京での会社設立ならこちら

会社設立にあたってまず事業計画の作成を行ってみましょう。
事業計画とは経営者が会社を立ち上げ、1年間、または長期的にビジネスを進めていくのかという目標をまとめたものです。
あくまでも計画書であるので、実現可能なものであることが肝心です。
現実と乖離した内容になっているかどうかのチェックは専門家に相談することをおすすめします。
会社の設立時はもちろん、融資の際などにも提出することも考えられるため、しっかりとしたものを作成しましょう。
またこの時に会社の印鑑を作成するようにしましょう。

会社設立に対して決めておくべきものがあります。
それは会社名である商号、事業目的、本店所在地などの基本情報です。
それに加えて資本金や株式なども決定しておく必要があります。
これらが決まれば定款を作成します。
定款とは会社にとっての憲法とも言われる大切なものですが、作成に関してはマニュアルや雛形などもインターネット上で公開されているので難易度は低いです。
定款が決まれば登記書類を作成し、申請を行い、開業の届け出を提出で完了です。