大阪での会社設立を代行業者に

投稿者:

大阪で会社を設立する際に、手続きがややこしい、経営に専念したいという方におすすめなのが会社設立を代行サービスに依頼することです。
インターネットで検索すると多くの士業事務所や手続代行業者などが見つかるように、経営者が個人や業者に代行依頼することは一般的になっています。
これから負担を減らして法人化したいと考える方にはおすすめの方法と言えるでしょう。

大阪でこれから会社設立代行できる業者は大なり小なりありますが多くは税理士や司法書士、行政書士などの専門家が関わっていることがほとんどです。
個人で創設されているもしくは業者サービスであっても、代行を依頼することで、早ければ1週間程度で会社を立ち上げることが可能になります。
個人が初めて立ち上げる場合にはおよそ1ヶ月から2ヶ月かかることを考えるとスピーディに行動できることがメリットになっています。

その他で大阪の代行業者に依頼することのメリットとして、会社設立にかかる費用を節約することが可能です。
定款を作成する場合、特殊な機械を持っていないと紙で提出する必要があります。
紙の定款の場合、収入印紙代が別途必要になるため、約4万円上乗せされてしまいます。
代行業者に依頼すると、定款を電子定款として提出することが可能になるため、この4万円が必要なくなり費用を抑えることができます。
代行業者によっては会社設立代行費用を4万円程度に設定していることが多いため、ご自身で設立した時と費用の面では遜色ない形で会社を立ち上げることができます。

専門家に相談しながら会社を立ち上げることができるため、ご自身で手続きを行うよりもより良く行える可能性も高まります。
特に登記申請書に関しては、事業年度や役員など設定の仕方で税金も変わってくるため注意が必要です。
設立費用を抑えつつ、会社設立を迅速にかつ専門家の意見をしっかりと取り入れたいという方には代行業者に依頼することはおすすめと言えるでしょう。